お店のホームページをチェック

熟女専門店や人妻専門店をコンセプトにしている風俗店であれば、30代でも気軽に応募することが出来るでしょう。しかし、中にはとくにコンセプトを持たずに営業を行っている風俗店も存在しています。そういった風俗店の求人情報をチェックすると、明確な年齢制限が設けられていない場合もあるのです。

20代の女性であれば気軽に応募が出来ますが、30代を過ぎてしまうと「年齢がネックになって落とされてしまうのではないか」と考えてしまうもの。年齢制限が設けられておらず待遇や条件が自分好みの風俗店だった場合、どうしたら良いのでしょうか。

そういった場合は求人サイトではなく、お客さんが利用する方のホームページをチェックしましょう。これは店名で検索するだけですぐにヒットします。そして、風俗店のホームページには必ず女性のプロフィールが掲載されているので、そちらをチェックしてください。そちらには年齢も掲載されていますが、もし20代の女性ばかりでしたら難しくなるので避けた方が良いでしょう。

もし、30代の女性も在籍しているようなら、30代でも働くことは可能です。ただし、年齢より若く見られる女性もいますので、実際に女性の写真を見て、自分がそのお店の雰囲気と合っているか確認してからの方が良いでしょう。

人妻系デリヘル

30代以上の女性が働きやすい風俗店として、熟女専門店のほかに人妻専門店も存在しています。その多くはデリヘルというスタイルで営業をしており、連日多くの風俗ファンが利用しているのです。30代で風俗アルバイトを始めるのであれば、熟女専門店と人妻専門店のどちらを選んで良いのか分からないもの。それでは、どちらの方にメリットがあるのでしょうか。

30代であればどちらでも問題ありませんが、特におすすめしたいのが人妻専門店です。人妻専門店はその名前が示す通り、人妻とのプレイを求める男性をターゲットにしていますが、中でも若妻は大きなセールスポイントのひとつです。そこで30代の女性は若妻としてアピールすることが出来ます。若妻を指名するお客さんは若妻との禁断の関係を求めているので、30代の女性は多くの指名が獲得出来るでしょう。

さらに、若妻として働くことにはほかにもメリットがあります。それはテクニックの部分なのです。年齢を重ねた女性とはどうしてもテクニックが求められますが、誰もがテクニックを持っているとは限りません。しかし、若妻であればそれほどテクニックを求められないのです。そのため、テクニック面で不安のある女性でも安心でしょう。

30代の風俗求人探し

風俗で働いているのは20代の若い女性ばかりというイメージがあるかもしれません。しかし、30代オーバーだったとしても風俗で働くことは十分に可能です。高収入を得たいと考える女性はぜひ風俗にチャレンジしましょう。

風俗業界未経験の女性でしたら、どういったジャンルの風俗店があるか分からないかもしれません。学生や巨乳の女性を集めた風俗も多いですが、その中の一つとして熟女専門店も存在しています。熟女専門店はひとつのジャンルとして確立されており、多くの男性から需要があります。

熟女専門店がこれほどまでに確立された理由は、かつてのヘアヌードブームが影響を与えています。往年のベテラン女優がヘアヌード写真集をリリースし、日本中で熟女の美しさが評価されたのです。そして、AVに熟女作品が数多く登場し、現在に至るまで人気ジャンルのひとつになっています。しかし、AVで熟女作品を観ていると実際の熟女とプレイがしたいと考えるもの。そこで登場したのが熟女専門店なのです。

30代オーバーで風俗アルバイトを検討しているのであれば、まず総合風俗求人サイトや風俗求人雑誌をチェックしましょう。そこには必ず熟女専門店の求人情報が掲載されています。また、身バレを防ぐのであればアリバイ会社を用意している風俗店がおすすめです。こういったアリバイ会社は架空の名刺を用意しており、架空の会社の電話番号などが記載されています。当サイトでは、30代から風俗店で働きたいと考える女性に向けて、有益な情報をご紹介します。